外国籍の方が免許合宿に参加する為には?


日本には多くの外国籍の方が移住しています。都心であればどこに行くにも公共交通機関があるので、車がなくてもそこまで不便に感じることはありませんが、公共交通機関がない土地では車がなくては日常生活に支障をきたします。

運転席に座る外国人男性そんな外国籍の方が、日本で免許を取得する場合、日本語検定2級程度のレベルが必要になってきます。
具体的には、日常会話や簡単な読み書きができる程度です。
その条件をクリアするのが最もハードルが高いのですが、それ以外に在留カードなどの必要書類が揃っていて、初めて免許を取得できる権利を得る訳なのですが、外国籍の方が合宿免許で免許を取得しようと考えたときには、一般の方と同じように免許合宿に申し込めるかというと、現状は条件をクリアしていればどこの免許合宿先でも参加することは可能となっています。

ただし、教習は全て日本語で行われますので、日常会話ができたとしても教習内容を理解するのは、一般的な人と比べると少し難しいです。学科試験は英語や中国語など対応していますが、取得する都道府県によっては対応できない言語もある為、その点は事前に確認しておきましょう。また、免許合宿先によっては外国語が話せるスタッフもいますので、言葉に少し不安がある方は、そのようなスタッフがいる免許合宿先で免許を取得する方が安心と言えるでしょう。


推奨リンク-免許合宿
……外国籍歓迎の免許合宿施設を探せる「免許の匠」です。